会長のメッセージ2022

Gianmario Motta ICS PresidentICS会長として最初のメッセージです。 管開雲とパット・ショートの良き後継者になることを願っています。

2021年には重要な成果がありました。国際ツバキ・レジスターは、以前のツバキ・ウェブレジスター の写真を取り入れ、10,000を超えるイラストを備えたツバキ品種の最大のイラストデ​​ータベースになりました。この分類学的研究は継続されます。私たちの登録担当者である王教授は、種の図解されたデータベースに取り組んでおり、並行して、古い時代の椿植物のデータベースに取り組んでいます。情報は現在さまざまな出版物に散在しており、ユティック博士、そしてヨーロッパとアジアで出現しているさまざまな活動グループの歴史的ツバキ保全委員会に背景資料を提供しています。さらに、そのようなデータベースは、生息域外保全と生息域内保全の両方のために、目録一覧と種の分布地図を保持しています。
フリーダ・デルボーが編集した次のジャーナルは、世界的な視野を反映しています。ベトナム南部のツバキ種に関する包括的な調査とベトナム種の説明は、私たちの知識に新しい要素を加えます。地域活動のセクションでは、世界中のICSの優れた実行力を示しています。活動グループの相互協力をさらに促進するために、これらのレポートをウェブサイトの専用セクションに公開することを提案します。最後に、王教授のおかげで、中国語版のジャーナルは中国での我々の存在を強化しています。

新しいウェブ・マネージャーであるフリーダ・デルボーは、私たちのウェブサイトの多言語バージョンを研究しています。また、ウェブはより対話可能になり、地域や興味のあるグループがレポートを直接投稿でき、ディスカッショングループが可能になります。この革新を楽しみにしています。
私たちはイタリアで2023年のコングレスに取り組んでいます。関係する国際優秀椿園(コンピト・ツバキ園、ヴィラ・アネリ、ヴィラ・モッタ、およびロカルノ・ツバキ公園)は、コレクションを増やしています。プレコングレス(カパンノリ市)、コングレス(ヴェルバニア市)、ポストコングレス(ロカルノ観光庁)にそれぞれ関与する公的機関は、熱心に協力しています。最悪のコロナ感染の場合、ペーパーセッションのオンラインオプションと10月の訪問スケジュール(私たちのすべての庭園にはたくさんのサザンカのコレクションがあります)を準備しています。

最後に理事と話し合う新たな取り組みを提案します。それらについて簡単に触れさせてください。椿は若い世代や都会のテラスで人気のある植物になるはずです。したがって、私たちは学校で椿を広め、簡単な植物として宣伝する必要があります。超初期の栽培品種サザンカ、香りのよい椿、そして咲き誇るハイブリッドがこの役割に適しています。ウェブやソーシャルネットワーク上で交流する国際利益団体は、この「椿教育」を実施することができます。このような椿の普及には、椿の花枯れであるシボリニアの欠点を克服できる、新しくて簡単で快適な栽培品種(「次世代椿」のようなもの)も必要です。

ジャンマリオモッタ
ICS会長

 

President's Message 2022 - English version

 

Web design by Tribal Systems